ビデオカメラから削除した動画を復元して修復する – その2 –

ペロ太

前回の記事で「PhotoRec」を使って破損ファイルでデータが復元出来ました

ペロ太

このままでは破損ファイルでも再生が可能な「VLCメディアプレイヤー」を使って再生しても残念な結果なので

この破損ファイルを修復していきたいと思います

「HD Video Repair Utility」で破損した動画ファイルを修復する

ペロ太

HD Video Repair Utility」は残念ながら有料ソフトです

フリー版でも使う事は可能なので、このソフトで修復できるかどうかは確認出来ると思います

制限として、修復できるデータの50%まではフリー版で修復出来て、100%の修復を望む場合は有料となります

昔のバージョンでは、前半と後半にデータを分けてフリー版でも修復可能だったみたいですが、現在のバージョンでは出来なくなっているようです

ペロ太

有料バージョンの話は後ほどするとして、早速「HD Video Repair Utility」をダウンロードしましょう

ペロ太

サイトのページ中段辺りに「By clicking this download link, you are accepting the license below!」というリンクがあるのでそこからダウンロードします

ダウンロードして解凍後フォルダ名「videorepair」内に「gs.exe」があるので起ち上げます

ペロ太

次に日本語は無いみたいなので「English」を選んで「OK」を押して下さい

ペロ太

上のようなアラートが出ますが、無視してOKを押して下さい

DEMOモードだからデータの50%しか復元しないぜ」とかそんな感じの事を言ってるんだと思います

ペロ太

Choose movie…」をクリックして「PhotoRec」で復元したファイルを選びます

後は「Scan」をクリックすれば修復作業が始まります

ペロ太

ここでより完璧な修復を求める場合は、「Choose reference movie…」をクリックして、今修復しているビデオカメラで撮ったムービーファイルを選んでください

ファイルはなんでもいいです、そのビデオカメラで撮った何日前のデータでも構いません

そのビデオカメラで撮ったファイルを「Choose reference movie…」でファイルを指定してあげてください

なぜこんな事をするかと言うと、そのビデオカメラで撮られたファイル情報を読み取り、再生に必要なコーデックや音声ファイルなどを読み取って最適な修復方法を見つけれくれます

ペロ太

Choose reference movie…」でデータを選ばなくても修復は可能は可能なのですが

これをやる事によって修復再現率が格段に上がるので、実践して貰えればと思います

ペロ太

修復後、無事に再生する事が出来ました

ペロ太

再生は出来たけど音声が出なかったので、「Options」から「Enable PCM detection」と「Enable AAC detection」にチェックを入れて再Scanすると音声も無事に再生されました

この辺りの設定は、ビデオカメラの機種によって変わって来るので色々お試し下さい

ペロ太

公式ページでも、メーカーや機種によってこんな設定をしてくださいと記載されているので参考になると思います

ペロ太

このイケてる修復ソフトですが、冒頭でも説明した通り有料となっています

データの50%迄は無料で修復出来ますが、それ以上は「5ファイル修復限定の29EUR(ユーロ)」か「ファイル修復無制限の99EUR(ユーロ)」版が販売されています

5ファイル以下なら29EUR(ユーロ)版がいいかもしれませんが、修復するファイル数が多い場合は「ファイル修復無制限の99EUR(ユーロ)」を選びましょう

今のレートなら約13,000円程だと思います

支払いは「PayPal」から可能となっております

ペロ太

初期投資は必要ですが、前の記事の見積もりのように「7万円」はかからないので、少し知識があれば復元・復旧は個人で可能かもしれません

ビデオカメラの機種は多種多様なので、DEMO版でしっかり精査してから購入を考えましょう

今後はこのような事態にならないように、コマメにデータをバックアップをする事にします・・・

関連記事

みんなのコメント

  • 仲間募集