カッコよすぎるソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が売り切れ必至!

カッコよすぎるソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が売り切れ必至!

クマーにゃ

SONYが運営するクラウドファンディングサイト「First Flight」が新しいスマートウォッチへの出資をスタートしました

「wena wrist(ウェナ リスト)」は”wear electronics naturally” の略で「人々にもっと自然に、違和感なく、ウェアラブルデバイスを身に着けて欲しい」というコンセプトのもと、 従来のスマートウォッチとは違いベルトのバンド部分に3つの機能を搭載し、トップの時計の部分はアナログ時計がくっついたハイブリッドな設計になっています

wena wrist | First Flight

クマーにゃ

バンド部には

電子マネー機能として「FeliCa」

スマートフォンと連携して、振動やLEDの光で通知する機能

活動量計を搭載し、専用アプリで歩数、消費カロリーを測るログ機能

の3つが搭載されています

クマーにゃ

トップのアナログ時計部分は4つのラインナップが用意され

シンプルなスリーハンドタイプとクロノグラフタイプにそれぞれシルバーとPremium Blackの色が用意されています

高級時計にも使用されるステンレス素材「SUS316L」が使用され、プレミアムブラックには表面にチタン化合物をコーティングするなど高級感溢れるデザインとなっています

クマーにゃ

これは従来のスマートウォッチのデザインに抵抗のあった方にも進められるいい時計ですよね

アナログ時計と比べてもなんの違和感もないデザインとなっていると思います

8月31日にクラウドファンディングをスタートしたのにも関わらず、既に目標額である1000万円は超えて、9月1日21時現在で約2880万円の出資が募っているという大人気商品になっています

商品価格は

シルバーのスリーハンドモデルが39800円でクロノグラフモデルが59800円

プレミアムブラックのスリーハンドモデルが49800円でクロノグラフモデルが69800円

シルバーの2つのモデルには5000円オフのプランがありましたが既に売り切れ状態です

各モデルの残り台数も減ってきていて、全プラン売り切れ状態になるのも時間の問題かと

わずか1日でこれだけの売上というのは驚異的ではないですか?

クマーにゃ

さらに、「wena wrist」はバンド部分にスマートウォッチとしての機能を集約しているため、ヘッド部分を自由に入れ替えることが可能

将来的にはさまざまな腕時計とタイアップすることでいろいろなデザインの時計を付けられるようにするとのこと

携帯電話の普及で腕時計を付けることが少なくなりましたが、逆にこのような機能を備えることで腕時計としての需要も増える

デザイン面を損なわずスマートウォッチの機能を盛り込むグレードアップが出来るというのはかなり魅力的です

これからの時計の主流となっていくかもしれませんね!!

クマーにゃ

バンド部とヘッド部の時計ではバッテリーは別で

バンド部は専用クレードルで充電1時間で最長1週間の連続動作時間

ヘッド部はスリーハンドモデルが3年、クロノグラフモデルが5年の連続動作時間

スマートウォッチとしての充電が切れても時計としての機能は普通に使えるというのも優秀だと思います

もちろん防水機能付きで

バンド部は「IPX5/IPX7」

ヘッド部は「3気圧防水」となっています

クマーにゃ

一つだけ不満なのが、現状ですと対応OSが「iOS 8.0以上」とのことでiPhoneでしか利用ができないということ

Androidは利用が出来ないということですね

ただ、こちらはアプリとの連携での話ですので、出荷予定の2016年の4月までにはAndroidとの連携にも期待できると思います

クマーにゃ

単純に時計としてのデザインにも優れていて、尚且つスマートウォッチとしての機能も搭載

時計としての通常利用にも配慮した設計で素晴らしい商品だと私は思いますね!!

かなり、ものすごく、メッチャ欲しいです♪

買っちゃおうかな・・・

関連記事

みんなのコメント

  • 仲間募集